【El Blog】Unityのシェーダーを勉強してみた!

今回は、シェーダーのことを勉強していこうと思います‼

 

ずっと前からやりたかった技術なのですが、

なんかいつも優先順位が高くなかったので、

このままではずっとやらないかも⁉

とやや不安になっていたので、

そうなるくらいならプライベートでやっておくか😁

ってことで軽くやっていきます🎶

 

シェーダーって?

簡単に言うと、見た目を変える技術という感じですね🎶

モデルの色を変えるというより、

カメラに映る際に加工してるイメージです✨

 

最終的には、モデルの頂点に作用するのと、

画面のピクセル毎に計算をしていく、

大まか2パターンあり、使う以上めっちゃ処理負荷がかかります😱😱

これに関してはそういうもんという話なのですが、

これを処理してゲーム作ってる人も、耐えるマシンもヤバい!笑

 

Unityだと、サーフェイスシェーダーというのもありますが、

ここでは触れない形で進めます‼

 

よって、分岐の処理は暗黙の了解で禁止ってなってます!!!!!!!!!!

出来るけど!!やらない!!!上から下に行くだけ!

入ってきた値を四則演算するだけ!!!!

やってみると分かりますが、頭悩ますところですね😭😭

 

そもそも軽い処理ではないので、

ルール付けって意外と重要なんですよね🙂

 

準備してみた

今回はUnityというゲームエンジンを使用してやっていきます‼

【El Blog】第2回Unity最初

以前軽くブログで紹介したのですが、

結構最近流行りのゲーム開発ツールといった位置づけです!

スマホアプリ開発向けの印象はありますが、

コンシューマ機ソフトの開発にも使われることがあります😍

 

使い方も分かってるのもあり、

今回はシェーダーをやってみる!というのが目的のため、

Unityで進めていきます😄

 

↓参考サイトはこちら↓

侍エンジニアさんのサイトです🎉

【Unity入門】シェーダーを書いてみよう!ShaderLabの簡単な書き方!

ありがたく今回は参考にさせていただきました🙌

 

・今回サンプルとして使った画像

 

 

良さげなのを思いつかなかったので、

Boostのトップをスクショしてそのまま貼ってみました🎶

ある意味丁度良かったかもしれません笑

 

サンプルからやってみる

手順通りやっていくと、

サンプルプログラムをコピペして動作確認していくのですが、

バージョンの違いでか動かない(笑)

 

1か所コメントアウトすると動きました😅

 

このサンプルは、マテリアルに設定されている色をそのまま返す処理でした‼

 

▼まずはそのままテクスチャとして貼ってみたパターン

3D空間にあるスプライトにペタリと貼っただけでこんな感じに

 

▼緑色のマテリアルを用意して、設定したパターン

緑の光沢のあるフィルム貼った感じに🎶

 

▼緑色のマテリアルに、渡された色をそのまま返すシェーダーに割り当てると?

 

マジ緑🤦‍♀️🤦‍♀️

 

 

設定一つでここまで変わるっていうのも面白いですね‼

理屈を知ってれば、こうなるのは当たり前なのですが、

こうなるから、少しずつ動作確認しないといけませんね😫

 

よくあるのは、まとめて変更して動作確認しよ~って進めてたら、

最後の最後で良く分からない不具合が出て、

その原因を追う羽目に😭😭

 

まとめ

今回は、シェーダーの種類もUnlit ということで、

ライトが無いパターンの物で試した感じでした‼

 

サンプルモデルとかに対して、ライト有パターンでシェーダーを付けて、

見た目の変化とか陰影とかが分かると、

より分かりやすいのかな~と感じた勉強になりました🎶

 

マシンパワーが上がれば上がるほど、

見た目の表現はリッチになっていきますし、

4K、8Kと解像度が上がっていくほど、

より細かく見れる・見られるので、

綺麗に見せる演出は、技術が分からない層に対しても伝えやすい凄さなので、

めっちゃ大事ですね😆

 

 

またより細かく出来たら良いなと思ってるので、

別の機会にやってみます‼

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。