[Pycharm]OSError: [Errno 48] Address already in useの原因と対策

Pycharm
OSError: [Errno 48] Address already in use
のエラーを解消する

Pycharmで Runしたときに、エラーが発生して、
修正したソースコードなど、突然反映されない状況が発生した。
 
その原因と、対策はこちら

原因

すでにプロセスが起動しており、Pycharmからアタッチできないことが原因らしい。
 

対策

すでに起動しているプロセスをkillして、
もういちど、Pycharmから Run ‘app’ することで解消できた。
 

プロセスを探す
-iオプションの’5000’には使用しているポートを指定します。

lsof -i:5000

実行すると下記が返ってきます。

COMMAND   PID       USER   FD   TYPE             DEVICE SIZE/OFF NODE NAME
Python  58295 taro.tanaka    4u  IPv4 0x0000000000000000      0t0  TCP localhost:commplex-main (LISTEN)

プロセスをkillする
PythonのPID[58295]をkillの引数に設定して実行します。

kill 58295

 
 
これで、プロセスが解放されて、PycharmでRunができるようになります✨
 
 
 

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。